toggle
2019-02-23

カカオバターで作るリップ&チーク作り

みなさん、こんにちは。

つきひのアロマセラピスト武田生宇です。

 

今日は『カカオバターで作るリップ&チーク作り』ワークショップを行いました。

カカオバターは、チョコレートでお馴染みのカカオ豆から取れたものです。

カカオを削ったものはチョコレートの原料に‥

残った油脂はカカオバターに!

ちなみに残りカスは、ココアになるそうです。

 

カカオバターは仄かに、甘く香り。皮脂にも多く含まれるオレイン酸やパルミチン酸が入っているので、唇や皮膚を保護してくれます。

 

そんなカカオバターをベースに、着色は鉱物が原料のアースピグメントを使ったミネラルコスメは、天然のカラーは肌馴染みも良く。ナチュラルメイクにささっとつけると肌が明るく見えるし、しっかりメイクの時も持っているメイク道具と重ねるのもgoodです♪

 

今日来られたお二人は、香り付けはサンダルウッドとオレンジの精油を選ばれていました。

カカオバターを合わせることで、香りが全体的にまろやかにまぁるくなる気がします^ ^

 

アロマクラフトの良さって、基本的に植物性のものを混ぜて固めるというとてもシンプルで簡単なところ。

簡単っていうと安易だけれど、そこに良さがあって。

高機能化粧品は複雑な工程があるし、材料もケミカルなものが多い。

複雑ってことは、いろんなものが入っている可能性が高くなる‥合成着色料、合成香料、防腐剤、エタノール、シリコンなど。

 

私は全てケミカルなもの排除する、ダメとは思っているわけではないのですが、生活する中で、合成部質や添加物が多いと体がなんとなく疲れる、感覚が薄くなるという風に感じるのです。

 

すぐに何かトラブルが起きるというわけじゃないけれど、毎日手肌につけるものって、長い目でみると心身のコンディションにとても影響がありますよね。

どこかのボダーラインからはみ出ると、炎症が起きたり、かゆみになったり。

そしてやっぱり、感覚が弱くなる鈍くなる。強い刺激じゃなきゃ、感知できなくなる。

 

なるべくシンプルで、つかい心地の良いものを。

そんなものをこれからもアロマクラフトで皆様にお伝えしていきたいです!

 

 

関連記事