toggle
2019-01-15

アロマは心と体を調え、癒し、本来あるべき場所へ導いてくれる

皆さんは、花、草、木など植物の香りは好きですか?

たちは季節の花の香り、森林浴、自然の香りに包まれるとリラックスし、思わず深呼吸したくなります。

なぜでしょうか。

植物の香りには、私たちの乱れた体のサイクルを調え、心を癒し、本来あるべき場所へ導くパワーがあるからです。

人は大昔から、食べ物として、薬草(漢方・薬)として、宗教儀式に、美容に‥植物の栄養やパワーを享受し生きています。

植物は私たち動物が生きて行くのに無くてはならない存在であり、生活や文化、歴史に深く根付いた叡智のようにも感じます。

 

精油は、植物の花・茎・葉・根・果皮から産出した芳香物質です。

精油にはそれぞれ違った作用があり、体調や体質、気分に合ったものをチョイスするのがアロマテラピーです。

 

香りが体と心に伝わるルートは3つあります。鼻・皮膚・肺です。

とくに鼻からのルートは大切です。

鼻から入った香り成分は脳へと伝わり、自律神経やホルモンバランスを司る視床下部という大事な部分にピンポイントで働きかけるからです。

香り情報をキャッチした視床下部が体の各部位に指令を出し、そして心身が良い方向へと変化していくのです。

 

精油は200種類以上あると言われ、沢山ありすぎて何を選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

でも大丈夫です!

心地よい香り、グッと心惹かれる香りが不思議と体調や心理面とリンクしているからです。

なぜかというと私たち動物は本能的に、自分の体に必要なもの不必要なものを選別する力が備わっているのです。

 

現代人の私たちは、自分の本能的な好き嫌い、快不快を抑え、隠して生きています。

それはいつしか、体や心からのシグナルに鈍感になり不調となって現れてしまうのです。

植物の香りは、そんな私たちの本能を呼び覚まし、心身を調え、本来あるべき場所へと導いてくれるのです。

 

つきひでは、アロマトリートメントを始める前に、精油をお客様と一緒に選んでいきます。

お客様の体と心が何を求めているのかを香りを通して探っていくのです。

心惹かれる香りは植物から、今のあなたへ送るメッセージです。

 

たとえば‥

・ラベンダー

静かな落ち着きを取り戻す、リラックス、安眠

・ベルガモット

モヤモヤした気持ちを手放す、胃腸の働きを整える

・マジョラム

安心感、滋養、温める、肩こりを和らげる

・サイプレス

気持ちの切り替え、血流促進、むくみを解消

など‥精油の香り1つ1つにはこんなメッセージが込められているんですよ。

 

植物の香りに優しく包まれて、心と体を調え、リセットしてみませんか?

タグ:
関連記事