toggle
2019-01-12

風邪の辛い咳と鼻水にユーカリ精油

皆さん、こんにちは。つきひのアロマセラピスト武田生宇です。

葉山は寒い日が続いていますね。

お日様が出ていると外に出かける元気も湧いてきますが、今日のような雨曇りの日はお家に冬籠りしたくなりますね。

 

冬は、体も心も内にこもっていく季節ですので、のんびりまったりが良いのです。

汗をかきかき激しく動きすぎると調子を崩してしまいますので、皆さん無理をしないで下さいね。

内にこもり衛気を養い、暖かい季節に心も体も活発に動くパワーを充電しておきましょう。

 

実はお正月から、娘の風邪をもらってしまいました。

娘を看病し、寝不足が続いたせいか、なかなかカラ咳と鼻づまりが抜けきらなかったのです。

 

そこで活躍してくれたのがユーカリブルーガムの精油です。

マスクに1〜2滴たらすと、鼻がつまっていましたがスゥーっとわずかにユーカリの香りを感じました。

その後、乾いたカラ咳が治まり喉が潤い、痰のからんだ咳に変わりました。

そしてつまって苦しかった鼻が少し通っていきました。

ユーカリには去痰作用、呼吸器系の鎮静、炎症のおきた粘膜の膨張を鎮静させる作用があります。

体が不要なものを出そう、良い状態になろうとして出るのが咳です。

それを止めてしまうのではなく、排出と強壮を促し、体の良くなる力を助けるのが植物の力です。

 

咳や鼻水で夜寝苦しい時には、ひまし油にユーカリブルーガムとサンダルウッドを垂らしたオイルを胸・背中・首に塗り眠ります。

そうすると、深い眠りに落ち、体がとても楽になるんです!

ユーカリとサンダルウッド共に去痰作用、呼吸器系の鎮静作用があります。そしてサンダルウッドは神経の興奮を冷まし、眠りにつきやすくしてくれます。

 

娘が風邪で咳や鼻水が辛そうな時は同じようにこのオイルを塗っています。

この前は、なかなか取れなくて苦しそうだった痰が、背中にオイルを塗ってあげるとスルリと取れました。

子供にはユーカリは種類を変えて、ユーカリラディアタにすると皮膚刺激も強くないので安心です。

 

今回の風邪は改めてユーカリのパワーを体で実感できたのでした。

タグ:
関連記事