toggle
2019-01-07

描くことで見える自分の光 アートセラピー

皆さん、こんにちは。心と体の休息所つきひの武田生宇です。

1月18(金)13:00〜14:30に「アートセラピー バウムテスト」ワークショップを行います!今回、私の友人でもありボディーワークの先輩でもある松原麻実さんを招いて行います。彼女は心理カウンセラー、鍼灸師、アロマセラピストと多彩な才能を持った方です。

 

数年前に彼女のカウンセリングやセラピー受けた時に、これは多くの方が受けた方が良いなと思ったのです。

大きな悩みがなくてもいいし、何かの節目に受けることで、気づかなかった自分、あえて隠していた自分、愛おしい自分を俯瞰し、また新しいスタートを走り出せると感じたからです。

その時、私の隣で一緒にバウムテストを受けていた知人はホロリと涙を流したのです。

いつも淡々と、わりとポーカーフェイスの知人。涙の理由はわかりません、ですが自分が描いた絵の中に、隠れていた自分を発見したのかもしれません。

 

バウムテストは色とりどりの色鉛筆やクレヨンを使い、思い思いに「木」を描いていきます。

葉っぱから描く人、根っこから描く人、カラフルな色使い、単色‥

上手な絵を描くのが目的ではないのです。

思いっきり自分の中のイメージの「木」をどんどん描いていくのです。

大の大人がものすごい集中力で、楽しそうにクレヨンを選び描いていく不思議な時間。

そういえば昔、お絵描きが大好きだった。あの頃は、上手とか下手とかそんなんじゃなくてとにかく描きたかった。

自分の中にある好きな事や物を思いっきり白い紙の中に表現した。

 

自分を表現する時間って大人になるととても少なくなっていきます。

規定にあわせる、人にあわせる、空気にあわせる。

そのうち、表現したいこと、自分が見えなくなっていく。

 

 

私たちは、人と物事と折り合いをつけ、助け合って生きていかなけらばなりません。

でもそれは手段であって目的ではないと思うのです。

 

私たちの生きる目的は、自分を表現していくこと。

それは大それたことではなく、細やかなことかもしれません。それでいいのです。

 

その小さくて美しい光を自分の中に灯し、人と手を取り合い、またある時は一人で道を行く。

 

アートセラピーは、そんな自分の光を見つけ、気づく1つの方法だと私は感じています。

ぜひ、アートセラピーバウムテストを受けてみませんか?

 

残席は残りわずかです。ご予約をお待ちしております。

 

TEL:090-3897-6211

 

 

 

 

 

 

関連記事